借金問題は早期解決がカギ!※困った時の必読ガイド

失業し、借金(ローン)返済不能になった場合にするべき事

失業してしまい、抱えていたローン返済が出来なくなる場合があります。

 

まず返済日に無視するという事は避けるべきで、正直に事情を話す事が重要です、無視して払わないという事になると
信用情報は地に落ちますし、結局延滞金も発生して、払わないから借金が消えるという事はありません。

 

出来るならば頼れる家族や知人に借入を行って、業者へ支払ってしまうというのは良い方法で、利息が付かない状態にしてしまう事が
大切です、借入期間が長引く程利息負担が大きくなるので、借りるアテがあるなら無金利で借りれる可能性がある身内に頼るのが良いです。

 

しかし、アテも無い無理な事もあります、借金「ローン」の種類にもよりますが、住宅ローンのような大きなモノならば、業者に許可を得て
「任意売却」という手段を取る事もあります。

 

「任意売却」はローン支払いが困難になった時に、物件を売りに出してローン返済に当てる方法です。
払わないで放置してしまうと金融機関に物件差し押さえを行われて、競売にかけられるという方向に動くので、やはり返済に向けてやれる事はやる姿勢が
重要になります。

 

失業によってローン返済出来なくなるというパターンは多いです、返済不能時には初期段階で専門家に相談するのが良いでしょう。
自己破産手続きや、借金の一本化、返済の負担を減らす方向を模索してくれます。

《借金問題をスムーズに解決する方法》

いくら減額出来る可能性があるか調べることも出来ます。
匿名・無料で診断してみる!!

⇒無料シミュレーターはこちらから


弁護士事務所を選ぶポイントとは?

借金問題に特化している
充分な知識や経験、過去の実績などがある事務所の方が、様々な選択肢を提示してくれますし、円滑に進める事ができます

トータルコスト
依頼から手続き終了までにかかる総合費用を明示してもらいましょう。

事務所の対応
営業時間や営業日、即日対応、無料相談の有無、電話相談やメール相談、
秘密厳守などのプライバシー・・・など対応は事務所によってそれぞれ違うので、都合に合った事務所を選びましょう。

借金に強い!「借金専門弁護士事務所」はどこ?

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ