借金問題は早期解決がカギ!※困った時の必読ガイド

自己破産の条件とは?

債務整理の最終手段ともいえる自己破産ですが、単純に「借金の返済に困っている」というだけで、全ての人が自己破産できるわけではありません。

 

自己破産するための条件は2つ、「支払いが不可能なこと」と「破産法で定められている免責不許可の事項に該当しないこと」です。この両方を満たしていなければ、自己破産を申し立てても裁判所に受理してもらえません。

 

支払いが不可能というのは「今すぐに不可能」ということではなく、今後3年くらいをかけても返済が終わらないと考えられる場合を指します。状況はひとそれぞれなので一概には言えませんが、基本的には収入から最低限必要な生活費などの額をひいた残金から、支払いが将来的にも不可能かどうかを判断します。

 

免責不許可の事項には、「ギャンブルでの借金である」「財産を隠した」「一部の債権者にのみ支払いをした」「全ての債務を申し立てなかった」等があります。かなり細かいものになっているので、自己破産を考えている方は、必ず原文に目を通しておきましょう。

 

また免責不許可とされていても、場合によってはクレジットカードによるショッピング代金や海外旅行など、一部免責が認められるケースもあります。免責不許可に該当することがありそうだという時には、弁護士や司法書士などに相談することをおすすめします。

《借金問題をスムーズに解決する方法》

いくら減額出来る可能性があるか調べることも出来ます。
匿名・無料で診断してみる!!

⇒無料シミュレーターはこちらから


弁護士事務所を選ぶポイントとは?

借金問題に特化している
充分な知識や経験、過去の実績などがある事務所の方が、様々な選択肢を提示してくれますし、円滑に進める事ができます

トータルコスト
依頼から手続き終了までにかかる総合費用を明示してもらいましょう。

事務所の対応
営業時間や営業日、即日対応、無料相談の有無、電話相談やメール相談、
秘密厳守などのプライバシー・・・など対応は事務所によってそれぞれ違うので、都合に合った事務所を選びましょう。

借金に強い!「借金専門弁護士事務所」はどこ?

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ