借金問題は早期解決がカギ!※困った時の必読ガイド

自己破産後はどうなるのか?

借金が多額になり、自分ではどうしようもなくなってしまったとき、債務整理という方法があります。
自己破産はこの債務整理の中の一つで、借金を全額免除してもらうという最も強い効力を持ちます。
勿論誰にでも認められるわけではありませんが、その他の手続きではどうにもならない場合にのみ、この自己破産に踏み切ることになります。
自己破産後は借金を全額免除してもらっているので、その後は債権者に返済しなくてもよくなります。
債権者は取立てをすることができなくなるのですね。
しかし、家や土地などの財産がある場合は、全て売却して返済に充てなければいけません。
逆に何も財産の無い人は、借金の返済はしなくてもいいし、何も失うものが無いという少々不公平な状態になってしまいます。
また、破産後は信用情報に登録されますので、この履歴が消えるまでは一切借金ができなくなります。
住宅ローンも組めなければ、クレジットカードも作れなくなります。
自分でばらさなければ他人に自己破産の事実がばれることはありませんが、官報に個人情報が記載されますので、それを見た人には知られてしまいます。
また、金融機関はこの官報を保管していることが多いので、信用情報から消えてもローンの審査などで落とされる可能性が高くなります。
つまり、半永久的に借金はできないと思った方がいいかもしれませんね。

《借金問題をスムーズに解決する方法》

いくら減額出来る可能性があるか調べることも出来ます。
匿名・無料で診断してみる!!

⇒無料シミュレーターはこちらから


弁護士事務所を選ぶポイントとは?

借金問題に特化している
充分な知識や経験、過去の実績などがある事務所の方が、様々な選択肢を提示してくれますし、円滑に進める事ができます

トータルコスト
依頼から手続き終了までにかかる総合費用を明示してもらいましょう。

事務所の対応
営業時間や営業日、即日対応、無料相談の有無、電話相談やメール相談、
秘密厳守などのプライバシー・・・など対応は事務所によってそれぞれ違うので、都合に合った事務所を選びましょう。

借金に強い!「借金専門弁護士事務所」はどこ?

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ